応募について

HOW TO APPLY

応募書式

Application form

WORDファイルの応募書式(日本語版、英語版)を下記よりダウンロードください。全てを3頁以内に記載し、WORDファイルとプログラムコーディネータの署名のあるPDFファイルを、以下の連絡先メールアドレス宛てに【12月16日(金)厳守】で送付して下さい。
*応募はリーディングプログラム学生の方に限定いたします。ご了承ください。

Application form is available below in Japanese or in English. All necessary items should be included in at most three pages. Due date of the application is Fri, 16 Dec, 2016. The application form (word file and pdf file with signature of the coordinator of the program) should be sent through e-mail to the address below.
Leading program students only


応募書式 Application form

日本語版(in Japanese)

英語版(in English)

応募要項 Application guidelines

日本語版(in Japanese) 

英語版(in English)

応募締切

Due date of the application

2016年12月16日(金) 厳守
Fri, 16 Dec, 2016

提出先

Submission

東京工業大学
第2回ビジネス構想コンペティション事務室
Tokyo Institute of Technology
Office of the second business plan competition
E-mail: second-bc-2017@eae.titech.ac.jp

応募条件

Conditions for application

  • ① 1グループは、博士課程教育リーディングプログラムに所属する学生1~3名(代表学生1名と共同提案者0~2名)で構成する。
     A team must consist of one to three students (a representative and collaborators) of the program for leading graduate schools.
  • ② 共同提案者となる学生は、代表学生とは異なる博士課程教育リーディングプログラム、あるいは代表学生とは異なる大学の博士課程教育リーディングプログラムに所属する学生とすることも可とする。
     Collaborators can belong to a different leading program from the one that the representative does.
  • ③ 代表学生が所属する博士課程教育リーディングプログラムのコーディネーターは、応募内容を了解した上で応募書類に署名する。
     The coordinator of the program that the representative student belongs to must sign the application form with understanding of the contents.
  • ④ 各博士課程教育リーディングプログラムからの応募件数(各プログラムに所属する学生が代表となるもの)は5件程度までとする。
     The number of applications from a leading program counted by the representative students is limited to approximately five.

審査項目

Evaluation criteria

  • ① 課題の社会的・経済的重要性
    Social and/or economic importance of the subject
  • ② 課題への取り組みの具体性・独創性
    Concreteness and originality in approaches to the problem
  • ③ 提案の社会的効果・インパクト
    Social effect and impact of the plan
  • ④ 提案書の完成度
    Completeness of the plan proposal
  • ⑤ 事業化の可能性
    Possibility of commercialization

科学技術の持ち込みにおける注意点

Note when introducing science and technology

  • ①知的財産保護の観点から、基本的に科学技術はすでに公開されたものに限定して下さい。(公開された科学技術とは、学会発表、論文、特許などで一般に公表されたものを示します。)また、学生自身の研究による科学技術を持ち込む場合には、その科学技術の責任者(指導教員など)に必ず相談して、本イベントでの使用許可をもらってきて下さい。
     In terms of protection of intellectual property, all the technologies included in the proposal must be available to public. It is noted that technology available to public means the ones published in academic conferences, research papers and patents. If applicants include outcomes of their own research, one must take permission from the person in charge, e.g., academic supervisor, for the usage in this competition.
  • ② 未公開の科学技術の使用は避けて下さい。ビジネス構想コンペティションは公開イベントなので、未公開の科学技術を本イベントに持ち込むと、特許の出願などができなくなる場合があります。また、企業との共同研究などの機密性の高い科学技術を本イベントで公表してしまった場合には、深刻な問題となる恐れもあります。なお、未公開の科学技術や秘密保持契約に守られた科学技術を本イベントで用いて何らかのトラブルが発生した場合、ビジネス構想コンペティションとその関係者は一切の責任を負いません。
     Usage of unpublished technology must be avoided. Since this business plan competition is opened to public, presenting such technology would possibly cause difficulty in patent application. Care must be taken to handle confidential research outcomes from joint-research with companies for example. It could cause serious problems when such information is opened intentionally or unintentionally. The business plan competition and all concerned accept no responsibility for any direct or indirect loss resulting from the usage of technologies which are unpublished and/or protected by confidential agreement.

アンケート等

今後のイノベーション教育の向上のためにアンケート等を行い、知見をまとめます。
個人情報を秘匿して論文等を発表することがあります。
ご協力を了解いただけない場合には、データは削除します。