新着情報

2018年1月30日、博士課程教育リーディングプログラム「第3回ビジネス構想コンペティション ー学生と企業人との協創ー」を開催しました。

【開催概要】
第3回ビジネス構想コンペティション ー学生と企業人との協創ー

【開催日時】 
平成30年1月30日(火)9:10~19:00

【開催場所】 
東京工業大学 キャンパス・イノベーションセンター(〒105-0023 東京都港区芝浦3丁目3-6)

【主催】 
東京工業大学 博士課程教育リーディングプログラム4教育院

【協賛】 
株式会社リバネス
 
 
 
 本イベントは、リーディングプログラムに所属する学生自身が自分の取り組んできた研究やプログラムで身につけた能力を社会でどのように活用できるのか知ること、また産業界がリーディング学生と接することで新しい大学院プログラムで育成された人材を知ることを目的とし、リーディングプログラムの学生と企業人との協創の場として開催されました。
 全国の博士課程教育リーディングプログラムに所属する大学院生より、社会的課題の解決を事業に結び付ける提案を募り、審査委員による厳選なる書面審査を経て、ファイナリスト10チーム、ポスター発表12チームが選出されました。1月30日当日、全国10大学14プログラムの計39名(選出されたファイナリスト・ポスター発表者)が参加し、各チームが提案・プレゼンテーションを競い、盛況な交流の場となりました。
【ファイナリスト・プレゼンテーション】
 午前中には、まずファイナリストの10チームが提案の概要を4分ピッチで発表しました。健康、安全、雇用、医療、IT活用、国際交流、貧困層へのサービス・雇用提供、産業振興といった、今私たちが直面する大きな社会課題に対する斬新な提案が続きました。
 
finalist_presentation.png

【提案ブラッシュアップ】
 その後、ファイナリストの各チームに企業メンターが加わり、約3時間半をかけて提案をブラッシュアップするワークショップを進めました。本ワークショップは東京工業大学と株式会社リバネスが共同で開発し、参加者が「明日への一歩を見出す」ことを目的としています。院生のオリジナル提案に対して企業メンターの経験、現場視点を加えながら、プランの強みや不足している点の明確化、マイルストンの設計を進めました。
 
WS.png
 
【ポスター発表】
 ポスターセッションでは11件のポスター審査がされました。審査員との白熱した議論に加え、企業人メンターと議論する時間もあり、始終、会場は賑わっていました。
 
PosterSession.png
 

【最終プレゼンテーション】
 ファイナリストと企業メンターによる提案ブラッシュアップ、ならびにポスター発表が終了した後、ファイナリストは最終プレゼンテーションに臨みました。企業人との議論によるブラッシュアップを経た各チームの提案は課題がより明瞭になり、独創性、事業化への具体的な道筋、社会へのインパクト等などを盛り込んだものへと進化していました。各チームが課題とその解決策について熱くピッチをし、審査委員との質疑応答がされました。審査委員からは鋭い質問に加えてアドバイスも寄せられ、プランの実現に期待を込めるコメントが聞かれました。周囲の力を得て、机上の空論を超えていくことが期待されます。
 
FinalPresentation.png
 
【表彰】
 ファイナリストに対して最優秀賞、優秀賞2件、特別賞、ならびにポスター発表者に対してポスター賞3件の発表と表彰が行われました。5つの審査基準(① 課題の社会的・経済的重要性、② 課題への取り組みの具体性・独創性、③ 提案の社会的効果・インパクト、④ プレゼンテーションの完成度、⑤ 事業化の可能性)に対して5段階評価を行い、合計点の高い提案を上位表彰者としました。また、特別賞は、審査委員10名が提案ブラッシュアップにより最も進化を遂げたと評価したチームに投票し、その投票数の最も多いチームに与えられました。


【ファイナリスト発表部門】
〈最優秀賞〉
東京大学 東京大学ソーシャルICT グローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム
吉沢翔平(公共政策学教育部)/ 梶原佐保(教育学研究科)
チーム名:EMERGENSOR
タイトル:Emergensor -スマートフォンのセンサを用いた非常事態発生の自動通知サービス-

0_D752114.jpg のコピー.jpg

〈優秀賞〉
東京工業大学・一橋大学 グローバルリーダー教育院プログラム
 井口友莉(物質理工学院材料系)/ 土屋泰樹,下川紘子(環境・社会理工学院建築学系)/ 橘優太朗(理学院物理系):東京工業大学 /
逢坂仁葵(社会学研究科):一橋大学
チーム名:LENTE
タイトル:利用者それぞれにあった、わかりやすい「写真付き案内図」を簡単に作れるWebサービス「Lente」
〈優秀賞〉
大阪大学 超域イノベーション博士課程プログラム
ヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラム
奥野輔(人間科学研究科)/
垣塚太志(生命機能研究科)
チーム名:田舎でのタスクシェア
タイトル:農村地域における賃貸・売却用空き家不足の解消 〜空き家の家主と移住希望者の新たなマッチングサービス〜

0_D752055.jpg のコピー.jpg

〈特別賞〉
慶應義塾大学 超成熟社会発展のサイエンス
 今給黎薫弘(理工学研究科)/ 池本駿, 若泉謙太(経済学研究科)
チーム名:ヘルスケアデザイン
タイトル:ヘルスケアデザインプロジェクト〜栽培療法を用いた持続可能な認知症ケアの提案:Dマークプロジェクト〜

0_D752067.jpg のコピー.jpg

【ポスター発表部門】
〈ポスター賞〉
Kyushu University  Graduate education and research training program
in decision science for a sustainable society
Mehdi Hasan (Department of Advanced Information Technology)
タイトル:Healthy Data Health Life
〈ポスター賞〉
Keio University Global Environmental System Leaders Program (GESL)
Urmonbekov Mukhammad Diyor (Graduate School of Media and Governance)
タイトル:Internet Healthcare Industry (IC card)
〈ポスター賞〉
Tokyo Institute of Technology Academy for Co-creative Education of Environment and Energy Science (ACEEES)
Chaeyoung LIM (Department of Industrial Engineering and Economics) / Junjin CHOONG, Sunil kumar MAURYA (Department of Computer Science)
タイトル:Dancing with the IT

0_D752036.jpg のコピー.jpg

【企業賞】
〈リバネス賞〉
Keio University Global Environmental System Leaders Program
Al Guthmy, Fahd Mohamed Omar (Media and Governance)
タイトル:'MR BANKS' - Kenya's flagship digital banking marketplace

0_D751994.jpg のコピー.jpg

朝から計10時間にわたって開催された「第3回ビジネス構想コンペティション」には、院生、産業界、行政機関、大学関係者を含めて、100名の方に参加いただきました。
今回参加した院生の皆さまが、この経験を生かし、これから活躍されることを願っております!

 
 


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
博士課程教育リーディングプログラム
第3回ビジネス構想コンペティション -学生と企業人との協創-
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
日時:2018年1月30日(火)9:10~19:00
会場:東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター(CIC)
東京都港区芝浦3-3-6 
JR田町駅より徒歩1分、都営地下鉄浅草線・三田線の三田駅より徒歩5分
応募書類の締め切り:2017年11月20日(月)24:00
HP :http://leading-bc.jp/
(最新情報はHPに順次updateしていきます!)
主催:東京工業大学 博士課程教育リーディングプログラム4教育院
協賛:株式会社リバネス

★CONCEPT
・リーディングプログラムの学生が独創的な視点で社会的課題の解決について提案し、企業人のビジネス的な視点と融合させることにより、新たな事業構想を生み出し競い合うコンペティションです。
・当日は起業家や大企業の新規事業開発担当者を招聘し、ファイナリストに選ばれた学生と協働して応募された提案をブラッシュアップします。
 実用化・事業化を見据えたリアルなイノベーション創発の場に参加いただけます。

★応募方法
(1)下記専用サイトより、Wordファイルの応募書式(3 頁以内)をダウンロードしてください。
   http://leading-bc.jp/
    *リンク先より応募要項もダウンロードいただけます
(2)下記メールアドレス宛に【11月20日(月)】厳守でご応募ください。
   *提出先 東京工業大学 第3回ビジネス構想コンペティション事務室
    E-mail: third-bc-2018@eae.titech.ac.jp

応募にあたり、疑問点やご質問などございましたら、
上記連絡先(third-bc-2018@eae.titech.ac.jp)までお気軽にお問い合わせください。
ご応募をお待ちしております。